内定者サポート

「入社」ではなく「定着・活躍」がゴール

人材のマッチングに留まらず、その後の受入・定着までのワンストップ支援を提供します。

日本語教育

コミュニケーションに特化して教育することにより、日本語学習未経験から約半年間で日常会話レベル(N3相当)に引き上げることが可能です。

入国から定着に向けた支援

面接会終了から入社まで、弊社が求職者と企業様に徹底的に寄り添い入社手続きの遅れを防止します。

特に面接会後の内定の提示、雇用契約の締結、在留資格申請といった外国人材採用に慣れていない企業様が躓きがちなポイントをサポートします。


日本語教育 プログラム概要

日本語初級レベルの基本的な文型・文法ならびにコミュニケーションツールとしてそれらを運用するスキルを養成します。

また、ビジネスマナーや日本・ 愛媛県事情など愛媛県で暮らすうえで必要な情報・知識についても学習します。

到達目標

N3:日常的に使われる日本語をある程度理解

N4:基本的な日本語をある程度理解


話す・聞く

身近な話題(例えば家族・趣味・旅行・最近の出来事・仕事)について、簡単な質問に答えたり必要な情報を得たりすることができる。

読む・書く

  • 直接必要のある領域での事柄であれば、簡単で短いメッセージを書くことができる。(例:メールでアパートの希望を伝える)
  • 平易なことばで表現されていれば、メールなどの短いテクストを具体的な必要性を満たすことが可能な程度に理解できる。

その他

自分の弱点を把握する・目標を設定する・学習計画を立てて実行し、成果を確認するなど、自ら学習管理ができる自律した学習者になる。


弊社独自カリキュラム

  • マンツーマンの指導を細かくいれて質を維持
  • メール、Messengerなど多様なツールを通じて、生徒がいつでも講師に質問、コミュニケーションを取れる環境を用意
  • 複数名が参加する会話授業も適宜実施し、生徒同士がコミュニケーションを取る場を提供

<教材例>


具体的オペレーション

現地講師/日本人講師のMIXで日本語教育を実施。現地師が生徒一人一人を徹底的にフォローアップ。

月次レポートを作成し、カリキュラム進捗度合いを報告いたします。

実施概要

実施時期 2022年9月~2023年2月
実施方法 現地での対面実施、日本人講師のオンライン実施のハイブリッド
学習時間

週5~6回 / 合計学習時間600時間以上

企業への報告

月次レポート /出席率・進捗報告

内定者面談

随時(モチベーション調整)

企業との面談

8月の開校式、10月、12月、2月の交流会を予定

日本語教育のPDCAサイクル


スケジュール